自宅でグローバルアドレスの動的取得

私が5年前にマンションを購入する際に、「部屋に光を引き込むこと」と「各部屋にはEthernetの口を設けること」というのを条件にしました。というわけで、現在、各部屋数箇所ずつ、計19箇所にRJ45の口が出ており、すべて22mm管で配管してあります。クローゼットにはそれらの配管を集約するスペースが作ってあり、19"ラック(背の低い奴)が入っていて、パッチパネルで配線を自由に切り替えられるようになっています。
 
ここまでは先見の明があったと自分でも思うのですが、一つ甘かったな、と思うのは、管にケーブルを1本ずつしか敷設しなかったことです。19箇所あれば十分であろう、と思っていたのですが、たしかに19もの端末をつなぐことはあり得ないのですが、場所によっては一箇所に2~3台の端末を繋ぎたくなるケースがあるのです。特に私の書斎などはコンピュータがゴロゴロしているので、そうなると一箇所のローゼットに繋ぎたい端末が2台以上出てきてしまいます。
 
単に複数繋ぎたいだけなら、手元にハブ置いてやればいいわけで、はなはだ美しくないものの、これまではそうしてしのいできました。ただ、これでも解決できないのが、グローバル・プライベートアドレス問題です。基本的には家の端末はプライベートアドレス空間にあり、NAT越しで使っているわけですが、たまにグローバルが欲しくなることがあります。
 
私は/29のグローバルアドレスをくれるISPに加入していますので、空いているグローバルアドレスはあるのですが、グローバル使いたいたびにパッチパネルを操作するのも面倒ですし、先ほどのように一箇所に2台以上の端末がいて、それらのアドレスをグローバルとプライベートで混在させたい、となるともうお手上げなわけです。せめて一つの管に2本ケーブルが配線してあれば、一つをグローバル、一つをプライベート、のようにできたんでしょうけど、当時はそんな使い方思いもしなかったので…^_^;
 
で、(前からやろうやろうとは思っていたのですが)、使っていないグローバルを各端末にPPPoEで配ってあげる、ことにしました。グローバルにつながっているFreeBSDマシンをPPPoEのAccess Concentratorとして動作させ、他の端末でグローバルが欲しい時にだけ、このFreeBSDマシンにPPPoEしてグローバルを貰うようにするわけです。proxyarpしてやれば、同じセグメントのアドレス配れます。グローバル使わない時はプライベート空間にいるので比較的安心ですし、なにより物理的なケーブル操作なしでグローバルとプライベートを随時使い分けられるので大変便利です。
 
たまたま今回はUNIXマシンで実現しましたが、こういうニーズって結構あるはずだと思うんですよね。ブロードバンドルーターで同じ機能を実現すれば、けっこう受けるように思うんですけど…。それとももうあるのかしらん?
 
 
 
 

ご臨終

自宅のメールサーバーがご臨終でござりまする。昨日ディスクのアクセスランプがつきっぱなしの状態でハング。しかたなくリセットボタンを押しましたが、今度はBIOSからディスクが見えない状態に。ディスクがいかれたのかディスクのコントローラがいかれたのか。。仕方ないので、電源を切り、少しお休みいただいてから、気を取り直して再度電源を入れてみました。何とか無事ブートして動いたので、一晩動かしておいたら朝がたにまたハング。また少し休ませてから起動。。今はなんとか動いています。

障害が出たときのエラーメッセージを控えておかなかったので、原因がディスクなのかコントローラなのか判断がいまいちつず、交換の戦略が立てられません。トホホ。現在、現象を再現させるためディスクをかりかり動かしておりますが(find / -type f -exec md5 {} ;)、こういうときに限って元気に動いてくれちゃってます。

どう考えてももう少しでお亡くなりになりそうなので、この週末のうちになんとかせねばなー。。

It’s true!

アップルがIntelを使うという発表にはちょっとビックリしました。でも、もっとグッときたのは、ジョブズのプレゼン。冒頭で「It’s true!」とだけ画面に出し、その’e’が少し下にずれている、という憎い演出。うーん、さすが、と唸ってしまいました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0607/apple2_805.jpg

今週私も喋る機会があるわけですが、こういう「掴み」をしたいものです!

 

IISが動かない

普段使っているノート(WindowsXPマシン)のIISが、いつの日からか動かなくなった。差し迫った問題ではなかったのでいままで放っておいたのだが、今日は理由あって調べることに。

IIS君は「予期しないエラー0x8ffe2740が発生しました」とのたまっている。なんじゃこりゃ、と。でググってみると、どうやら既にポートがバインドされいてうるようだ。netstat -a してみると、確かに誰かが80/tcpをlistenしている。

誰じゃ誰じゃ、ということで怪しげなものを一つずつつぶしていったら、いたいた、犯人はSkype! こいつが80/tcpをlistenしてるのでIISが動かないのね。

で、無事に解決なわけだが、もう少しまともなエラーメッセージ出せんのかね~、マイクロソフトの製品は。こんなんじゃわからんでしょ、普通。

久々のコーディング

昨日は久しぶりに一日コードを書いた。年々自分のコーディング能力の低下を感じるものの、少し書き始めるとちょびっとだけ勘が戻ってきた。

書いているのはNetflowのフロー生成ツール。flowtoolsに含まれているflow-genを改良しても良かったのだが、いまいち気に入らなかったので自分で書くことにした。flow-genの一番気に入らなかった点は、標準出力にしか吐けないこと。なのでパイプでexporterと繋ぐか、ファイルで渡してやるしかない。私は複数のflow generatorからflow exporterに動的に繋げるようにしたかった。

ところで、VMware上のRedHat9は、usleep()(実際にはnanosleep()かな)が異様に遅い気がするのだが、なぜ??

 

寿命か?

自宅のデスクトップコンピュータが立ち上がらなくなった。Windows UpdateでATIのビデオドライバを更新した後のリブート以降立ち上がらなくなったのだ。最初はこのUpdateを疑ったが、セーフモードでも立ち上がらず、ディスクにアクセスしっぱなしになるので、どうやらビデオドラバの問題ではなさそう。ディスクが逝っちゃったようだ。

半ば諦めていたのだが、息子の「少し掃除してみたら」というアドバイスにしたがって久しぶりに掃除をしたら見事に復活!いずれにせよこのディスク(IBM-IC35L120AVVA07)、そう寿命は長くなさそう。今使っているコンピュータの中では最も古いパーツの一つなので、早めに交換すべし、ですな。

気の利いたインターネットアクセスサービス

今回泊まったHoliday Inn Express at San MateoのインターネットアクセスPublic IP addressを要求できるようになっている。ちょっぴり気が利いていて気に入った。

でも、試しにPublic IP address要求してみたら、「割り当てるIPアドレスがありません」と怒られてしまった。Public IP addressがなんたるか分かっている人も分かってない人も、盲目的にPublic IP addressを要求してしまうので、アドレスが足らなくなっているのだと思われる。要改善ですな。