カテゴリー別アーカイブ: 健康

今日の試練

ちょっと前の話になりますが、人間ドックで血便反応が出てしまい、4月に直腸検査に行きました(その節は一部の方にはご心配をおかけしてすみませんでした)。
 
きちんとその時の報告をしておりませんでしたが、結局、腸内にポリープが2か所ほどみつかりました。これが血便の原因だったかのかはっきりはしませんが、ともかくポリープは切除することに。
 
病院のほうもなかなか混んでいて、手術は7月にならないと空いていない、ということで、その手術を本日やってきました。手術といっても日帰りできるいわゆる day surgery ってやつですね。手術自体は無痛ですが、大変なのは手術するまでに腸を綺麗にしなきゃいけない、ってこと。
 
戦いは前日から始まります。夜も食事は食べてもいいのですが、できるだけ消化のいいものにする必要があります。例えば、キノコ類、海藻類、しらたき、こんにゃく、とうもろこしなどはNG。そもそも、これらは翌日そのまま出ちゃう系ですのでNGは明らかですが、意外なところでは果物、玄米、かんきつ類、繊維の多い野菜などもNG。一方、食べて良いのは、おかゆ、うどん、食パン、白身の魚、赤身の肉、豆腐、卵、等になります。
 
昨日は歌仲間のオフがあったので、2次会ではひたすら豆腐とタマゴを食べて暮らしてました。ご飯を食べたあとはラキソベロンという下剤とマグコロールという薬を200ccほどの水に溶かして飲みます。これはポカリスエットのような味で飲みにくいものではありません。これらの薬は即効性というよりはじわじわときくタイプで、何回かトイレに行くことなります。すぐにトイレに行きたくなるので、なかなかおちおち寝てられません(笑)
 
20080713215439
 
朝になると、今度はムーベンという薬(腸管洗浄剤)を2リットルの水に溶かして飲みます。味は薄味のアクエリアスレモン。そうまずくはないんですが、2リットル飲むのは結構しんどいです。さらに何回かトイレに行きます。ここまでくるとかなり腸内がきれいになってきまして、固形物は見当たらなくなります。
 
2008071406521220080714065515
 
ここまで下準備をしてから病院へ向かいます。まず、病院に行くと病院着に着替えます。今回私の行った松島クリニックは大腸・肛門が専門なので、病院着もスペシャルバージョン。後ろが開いたものになっています。これを着るってのもなかなかに屈辱的ですが、周りの患者さんもみーんなおんなじ格好をしているので、、そう思うと妙に「同志」って気がしてくるから不思議(笑)。
 
最初の検査のときはこの時点でもまだ腸内がきれいになっていなくて苦労したんですが、今回はさすがに2度目とあって僕のほうも手際が良くなってきてまして(こんなこと手際よくなりたくないですが^^)、この時点でほぼレディー状態。そして、最後の仕上げの官庁、いや、浣腸をして、その後の排泄物が十分に綺麗になっているか看護婦さんにチェックをしてもらいます(あー、ここも屈辱的・・・)。このチェックを無事にパスをするといよいよ手術に向かいます。この時点で病院に入ってから約3時間経過しています。
 
まずは、点滴をします。これは脱水状態になるのを防ぐためだそうです。しばらくすると、本人確認をされて、麻酔をされます。点滴から麻酔を注入されると、ワン・ツー・スリー、で落ちちゃいました。その後の記憶は全くなし。当然痛みもなし。手術がいつのまにか終わって、声をかけられます。切除したポリープを見せてくるんですが、私はまだ意識が朦朧としていて、見せてもらったんだか、そういう夢を見ていたんだか、よーわからん状態です(笑)。その後1時間ほど横になって休みます。私はどうやらガン寝してしまったらしく、僕が起きた時には他の患者さんはみんないなくなっていました^^。
 
最後にドクターからの説明があります。映像も見せてくれます。自分の腸の中を見るってのも不思議です。でも、ほんとにきれいになるんですねー。ポリープは検診のときに見つかった2個に加えてもう一個あったみたいで、結局3つ切除となりました。
 
病院を出たのは病院に入ってから5時間後。朝からムーベンオンリーだったので、めちゃめちゃ腹が減ってます。とにかく手術が終わったらがっつり食いたい。やっぱりステーキか! とか思っていたんですが、術後の説明で「1日2日は消化の良いものを」ということだったので、今晩はやむなくお粥とタマゴ焼き、豆腐にトマト、という、検査前モードに再突入となってしまいました。
 
ちなみに切除したポリープの病理検査の結果は2週間後くらいに分かる予定。これで良性、ということになれば1件落着です。
 
もーしたくないぞ、直腸検査!

並々ならぬ努力

明日はひさかたぶりの人間ドック。
 
ふと、事前に渡されていた健康調査表(問診表)を見たら、一緒に検便キットが付いていたことに気がつきました。中身を見ると、なんと2つ分入ってます! どうやら二日分の便を取らなければいけないらしい。
 
ゲゲ、これに気がつく前に、ついさっき済ましてしまったぞい! これから明日までに2回も取らなければいけないなんて無理ポでございます。しかも、明日の朝からは食べちゃだめだし。
 
と騒いでも仕方ないので、最大限の努力をせねばッ!
 
ということで、まずは、昼食。はやり「出易い」ものというと植物繊維が豊富なものでしょう。「見た目も近いし!」というわけ分からん同僚のアドバイスもあって、近くのカレー屋に行くことに。普段ならチキンカレーを頼むところなのですが、少しでも食物繊維が多めのものと思い、カブとチキンのカレーをオーダー。経験上、辛いとさらに出易いので、辛さアップをお願いしました。確かに、辛い!
 
食後には、さらに急速な効果を求めて近くのコンビニでヨーグルトドリンクとアイスを買い込み、一気! 
 
仕上げは、なんとなく買わずにはいれなかった「ウコンの力」。
 
さて、私は明日までに目標達成できるのでしょうか?

アルカイダ

ここ1~2週間、耳掃除をすると、ガサガサ音がするのが気になっていました。
 
大きな耳ク○でもあるんだろう、と思ってさして気にしていなかったのですが、いっこうに取れる気配もないので、今朝近くの耳鼻科へ行ってきました。
 
きっとさぞかし大きな耳ク○が出てくるものと思いきや、出てきたものは2cmほどの髪の毛! これが鼓膜にくっついていたらしい。
 
おかげですっきりしたのはいいのですが、
 
先生:「どうしたの?」
私: 「耳掃除をするとガサガサするんですが・・・。」
 
と問診に約5秒。
 
先生:「どれどれ。。これだね。取れたよ。」
 
で治療に3秒。
 
たったこれだけなのに、請求額は1,470円! 
 
たしかに久しぶりに行ったので初診扱いになったのかもしれませんが、いくらなんでも、8秒でこの金額はそんなんアルカイダ!!
 

頭痛薬

私、結構頭痛持ちです。これまでは、米国のにいたときから使っているTylenolを愛用してきました。これ、ほんと良く効きます! 妊婦さんも飲めるくらいなので、副作用も少ないのだと思います。
 
いままで米国出張の度に買っていたのですが、最近米国出張も無く、あいにく手持ちの分を使い切ってしまったので、たまたま今週米国出張に出ている元同僚の方に買ってきてもらおうと思って、TylenolのWEBページを調べました。
 
で、ガガーン。。今まで私が愛用してきたやつは、主に筋肉痛用のものであったことが判明!! もちろん頭痛に使ってもいいとは書いてありますが、頭痛用のはちゃんと別のがあったんです。
 
ホント私の頭にはピッタリだと思っていたんですが、私の脳味噌は筋肉だったのか ・・・ orz。
 
というわけで、今回は、元同僚さんには頭痛用のものを頼みました。よろしくね!

抱き枕

台湾では標準的装備なのかよくわかりませんが、ホテルの部屋に備え付けてありました。
 
これ「抱き枕」ですよね。
 
探してみるといろいろあるみたい。形も様々です。例えば、
 
 
日本では、今回私が台湾でみたようなシンプルな円柱型は少ないのでしょうか?

右耳続報

先週鼓膜を切開したのにもかかわらず、どうもすっきりしないので、再度医者に診て貰うことにしました。
 
前回の診察で「再発の可能性アリ」と言われてはいましたが、几帳面(?)なことにやはり見事に再発しているらしい(笑)。
 
で、今回再度鼓膜切開。これで治らなければ、今度は切開した後、そこが塞がらないようにチューブを通すのだそうです。中耳までスカスカ空気が通る状態になるわけですが、それでも音って聞こえるもんだんでしょうか? 耳って不思議
 
えぇ、今回は勇気をもって見てみましたよ、自分の手術映像。かなりビビリましたが。ヘタレ返上!

一安心

医者、行って来ました! 耳鼻科としては比較的有名な「神尾記念病院」
 
 
です。前回も、ここで持病の左耳の検査をしたので、今回もここに行くことにしました。
 
前回診てもらった先生は今日は休診だったので、他の先生3人から選ぶことになりました。タッチパネルで選べるようになっているのですが、そこに待ち人数も出ています(ディズニーランドかい、って感じですが、ま、ありがたいシステムですね)。こうなると人間は欲張るというか、やはり一番人気の高い先生のところに安心感を感じるじゃないですか。で、一応、一番待ちの多い先生の予想待ち時間を聞いたところ「一時間くらい」と言われたので、「お、それなら待ちます!」と一番人気の先生を指名!
 
しかし、待てど暮らせど順番は廻ってこず、結局2時間半待つはめに。。。
 
ようやく診てもらえた診断の結果は「滲出性中耳炎」。急性中耳炎のような激しい痛みはないが、耳の中で起こっていることは同じようなもんです。、ま、中耳炎ですから、そう心配はいらん、ということですね。
 
どうやら、週末にひいていた風邪で鼻から耳に来たらしいです。通常なら一週間くらい放っておいて、自然治癒するかどうか様子を見るらしいのですが、まれに内耳のほうに影響を及ぼすこともあるそうで、「進藤さんの場合は、右耳は生命線ですので、早め早めの処置をしましょう。」という医師の判断のもと、鼓膜を切開して膿を取ることに。
 
この病院は設備的にも恵まれていて、自分の耳の中の様子がテレビカメラで撮られていて、モニタで患者自身も確認できるようになっています。しかし、
見れませんでした。自分の鼓膜を切開するところなんて・・・!
へたれと呼んで下さい・・・。
 

耳がおかしい

ここ数日、右耳がおかしな状態です。このところ風邪っぽかったせいなのか、それともくしゃみをした拍子でなったのか、よくわかりません。
 
ご存知の通り、私は左耳がほとんど聞こえません。これで右耳まで聞こえなくなったら、私は音の世界から遮断されてしまうことになります。歌って踊れるエンジニアを目指してますが、音が聞こえなくなると歌うのも難しくなるでしょうから、この目標のうち半分は達成できないことになります(そのぶん踊りに目覚めるかもしれませんが)
 
今回の右耳は、左耳がおかしくなった時の症状にちょっと似ています。なので、ちょっとやばいかも。耳は早いうちに対処するのが吉。今日病院に行ってこようと思います。