万里の長城に行ってみた

慕田峪長城入口
慕田峪長城入口

日航の北京発羽田着便は夕方発なので、それまでの時間を利用して万里の長城に行ってみる事にした。もちろん初体験。

万里の長城は全長3000キロ近くあるので、色々なエントリーポイントがあるわけだが、今回は北京からも近く、景色も良いとされる慕田峪長城に行ってみる事にした。北京市内からは車で1.5時間くらい。ホテルを朝の7時に出発して、現地に着いたのは8時半頃であった。

入り口から徒歩で上がる事もできるようだが、今回はケーブルカーである程度上まで登ってから万里の長城を楽しむ事にした(あとの事を考えると、この選択は正しかったと思われるw)。ケーブルカーを降りて右に行くコースと左に行くコースがあったが、今回は左のコースを選択した。朝早かった事もあり、客数は少ない。

Relatively easy slope
最初は比較的なだらかな道のり。

最初は比較的なだらかな坂道である。慕田峪長城は万里の長城の中でも比較的よく整備がされているそうで、石畳と階段がしっかりとしており歩き易い。しかし、徐々にきつい坂が続くようになり、場所によっては角度が60度くらいの階段もあり(こうなると階段と言うよりもむしろ梯子に近い)かなりしんどい。

Steep slope.
厳しい階段。

ポイントポイントに砦のようなものがある。ここからの眺めは抜群である。また、吹く風が心地よい。

一応最後の砦まで行ってもその先に進む事はできるようだ。ただし、その先には整備が一切されていないので、滑落の危険等があるため進まないほうが賢明、ということで、そこで引き返してくる事にした。良く言う事であるが、登りよりも下りのほうがつらい。登りで足が疲労しているせいもあるのだろうが、下りは踏ん張らなければいけないくて、それがかなりこたえる。フラフラしながら無事に下山。

Steep step. Almost like a ladder.
急な階段。というよりほとんど梯子w。

ともかく圧巻であった。よくもまあ、こんな事をやろうと思い、そしてそれをやってのけてしまったもんだと感心してしまった。普通に考えたら国の廻り3000キロも壁てくくってしまおうなんて、馬鹿げててとても実行には移せないと思う。それをやってのけてしまうところが中国の凄いところだ。

帰りにケーブルカー降り場のトイレに同行したもう一人のエンジニア(彼は台湾人)が入ったが、彼がしばらくして居心地悪そうに出てきた。トイレットペイパーがなかったとのこと。なんとか持っていたパンフレットなどを使って対処をしてきたとのこと。海外からの観光客も多い施設なはずなのに、このへんにも中国らしさを感じてしまった(笑)

Unmaintained wall
最終の砦の先にも長城は続いているが、整備はされておらず、こんな感じの状態。危険なのでこれより先には行かず。

和風サラダドレッシング

台湾出張の飛行機でのこと。機内食を食べ終わって、ふと気がついたのですが、サラダにドレッシング
かけて食べたのにもかかわらず、なぜか、使ってないドレッシングがぽっこりでてきました。よくみたら、
さっきかけたサラダドレッシングは、そばつゆだったのでした! 
 
そういや、そばみたいのもあったけど、味気ないなーと思いながら、つゆなしで食べてたことが判明。ま
たもや、自称グルメ、やらかしてしまいました。

解凍ホッケ

昨日は仕事で札幌へ。
 
帰りの便は千歳16:30発のJAL。空港に着いたら10分遅れとの案内が出ていました。ぎりぎりに空港に着いたので慌てて冷凍ホッケ買ってゲートへ。でも、ゲートには乗るはずの飛行機がいません。東京からの便が遅れてて、まだ着いていないらしい。
 
この時点での案内は40分遅れ。が、実際に飛行機に乗れたのは1時間遅れの17:30頃でした。この頃からまた激しく雪が降り出し、離陸の準備をしている最中に、ロボコップみたいな機械が羽に積もる雪の除雪作業をしていました。
 
しばらくしてから機内放送。
「除雪作業をしてから規定以上の時間がかかったため、再度整備に戻ります」。
それからずいぶん待ちましたが、いっこうに飛び立つ気配なし。2時間くらいたってからでしょうか、2本ある滑走路のうち1本は閉鎖。残りの一本の除雪作業をしている、との機内放送がありましたが、いつ飛べるかは不透明。
 
結局、離陸したのは9時ちょっと前でした。4時間半遅れ。でも、離陸できただけマシですね。あとの便はおそらく飛べなかったのではなかろうかと。
 
家に着いたときには冷凍ホッケはすっかり解けてました。でも、食べても大丈夫ですよね?

野良牛

インドのバンガロール滞在中にタクシーの運ちゃん聞いてみた「そこらを歩いている牛は誰のものか?」という質問に対する答え:

牛は誰かに所有はされておらず、ただそこにいるだけである。そこらで生まれて、そこらの草を食べて、そこらで死んでいく。いわば野良犬の牛バージョン、「野良牛」である

を聞いたときは「おー、なーるほど!」と目から鱗状態だったが、実際にはちょっと違っているのかもしれない。ここの記事にあるとおり、必ずしも野良牛ばかりとは限らないようだ。言ってみれば「放置牛」。えさ代節約のため、というのもさもありなん、という感じである。

でも、あの路上の牛がいなくなったらインドがインドでなくなってしまう気がするなー。