あと何回?

土曜日は小学校の運動会だった。長男が6年なので、彼にとっては最後の小学校の運動会であり、私にとってはここで行われる運動会は6度目の参加、ということになる。

一番下の子もこの小学校に来ると仮定すると(10中8・9そうなるはずだが)、あとこの小学校の運動会に7回も来なければいけないかと思うと、もう「気絶」という感じ:-)

 

 

最近何回かみている「定番の夢シリーズ」を今日も見た。

実物の私をご存知の方は、いかに大それた夢であるか

ご理解いただけると思うのだが、なんと私がトムクルーズ

で、ミッションインポッシブルばりに未知の敵と戦う、という

内容だ。

ありえん、似合わん、というのはさておき、なんで同じシリ

ーズの夢を見るのか、自分でもさっぱり。そういうものには

まったく縁がない(そうそうある人もいないわけだが)し、特

にトムクルーズのファンというわけでももない。でも、なぜか

毎回トムクルーズなのよねー。私の前世はトムクルーズだっ

たに違いない

 

 

手が届きそうで届かないもの

下の写真は、札幌の地下鉄南北線に乗った時に見かけた広告である。写真ではよく分からないと思うが、この広告、新しいブラジャーで、実は3Dで「立体的」に見えているのだ!写真ではこの「臨場感」をお伝えできないのが実に残念である。

男性なら誰しも、これに手を伸ばしてみたくなる衝動にかられるはずだが、むろん実行すると寂しい思いをすることになる(さらに周囲からの少々冷たい視線のおまけつき!)。が、今回はそこをあえて実行してみる事に!!

結果は「スカっ」という感じで、実に期待を裏切らない儚さであった。あぁ、やっぱりそこに「実体」が存在しないと。。。

この秀逸な広告を企画・製作した方々に拍手を送りたい!

カプセルホテル

一昨日、昨日と2日連続でカプセルホテルになってしまった。ちょっとお疲れモード。

以前はどんなに遅くなってもタクシーで帰宅していたが、諸般の事情(って、ひとつしかないけど:-))最近はそうも言ってられなくなったので、渋谷のカプセルにお世話になることが多くなった。

自分でも悲しくなったのだが、最近はあまりに馴れすぎてきて、カプセルの真っ暗闇の中でも、TVの操作やらアラームの操作やらが手探りでできるようになってしまったのは、さすがにどうしたものかと。。

でも案外快適なのよね、カプセルって

怪しげな電話

最近ヘッドハンターからの電話がめっきり減って寂しいな~、と思っていた矢先に謎の電話がかかってきた。

発番は通知されておらず、どうも海外からっぽかった。英語だったがインドっぽい訛りがある。私の会社名とタイトル、メールアドレスを確認されたのだが、てっきりヘッドハンターの類だろうと思い、これらの確認の後に話を切り出されるのかと思っていたら、「これ以上電話で話すとお金がもったいなので、詳細はあとでメールで送る」と言われて電話を切られた。

でも、いまのところメールは送られてこない。いったいなんだったんだろ。。新手の情報収集商売かしら?

 

分れ道?

会社の仲間と伊勢原にBBQに行った。その際に見かけたのが「分れ道」という名の交差点。安直、というか、なんとも分かり易くて素敵:-)

妻の話によると、鎌倉のほうにも同じ名前の交差点があるらしい。彼女の友達は、大学時代、この交差点のことを「きれじ」と読んでいたらしい。なかなかチャーミングである。

 

 

厄除け

今年、私は前厄である、と理解していたので、比較的近いところで川崎大師に行こう、と思いホームページをチェック。

すると、ここは厄除けを満年齢でやるのだそうで、私は対象にならないんだそうな。でも、Googleさんに聞いてみると、厄除け等は一般的には数えでやるのが普通らしい。川崎大師に電話したら、「ご本人様のお気持ち次第ですから・・・」というもっともな返事を貰ったので、結局行く事に。

で、行ってみると、いるわいるは、ゆうに200名くらいはいたんじゃないだろうか、お護摩の功徳へ集まった人々。一人平均5,000円払っているとして、一回で100万円、一日6~8回位やるそうなので、一日のあがりが、、なんて不謹慎なことを考えながらお払いしてもらっても、効果無しだろうな、やっぱり^_^;

(TM)とサークルRの違い

某中学の入試問題に「&#169(サークルC)は何を意味するか?」という問題が出たという話を聞きました。で、うちの息子に聞いてみたが「わかんない」という返答

これを機に疑問に思ったのが「TM」と「&#174(サークルR)」の違い。皆さん、知ってます?

ちょこっと調べてみたところによると、「&#174(サークルR)」のほうは米国特許商標庁で登録されたと言う意味のようです。一方「TM」のほうは特に登録されている必要もなく、出願されている必要もないらしいです。つまり自分で「これは商品のマークである」と考えればTMマークを付加してもよい、ということですね(参照:http://www1.neweb.ne.jp/wa/bestpat/tmsm1.htm

なるほど!

入学式

弊社は九段下にある関係で、毎朝武道館の前を通って出社することになる。3月末はいろいろな大学の卒業式を武道館でやっており、綺麗な晴れ着を着たネエちゃんたちが見れて、それたなりに楽しめた。

4月になると同様に入学式も武道館を間借りして行う大学がある。昨日はT大の入学式だった。T大といってももちろん赤門の大学ではなく、世間一般でいうところの一流大学とは言いがたい大学のほう。九段下の駅に着いたとたんただならぬ雰囲気が漂っていたが、エスカレータを降り、武道館の前にさしかかると、新入生の勧誘のため在学生と思われる数名のグループがいくつかたむろしており、「な、なんじゃこれは!」状態。男は皆ホストのようないでたちで、女性のほうもまたしかり。

大学でひとくくりにするのは荒っぽすぎる分析であるのは百も承知であるが、なぜ、この大学に行くとみな学生がホストのようになってしまうのかホント不思議。特定のレンジの学力でフィルターをかけられている大学という「環境」に染められる後天的要素が強いのか、それとも個々人の先天的な「才能」により必然的にこのように成長し、まわりもまた同様に必然として同じような成長を遂げて、こういう結果と相成るのか・・・。よーわからん。

いずれにせよ、自分の子供たちにはこのような環境にいて欲しくない/置きたくない、と痛感した次第である。