久々のコーディング

昨日は久しぶりに一日コードを書いた。年々自分のコーディング能力の低下を感じるものの、少し書き始めるとちょびっとだけ勘が戻ってきた。

書いているのはNetflowのフロー生成ツール。flowtoolsに含まれているflow-genを改良しても良かったのだが、いまいち気に入らなかったので自分で書くことにした。flow-genの一番気に入らなかった点は、標準出力にしか吐けないこと。なのでパイプでexporterと繋ぐか、ファイルで渡してやるしかない。私は複数のflow generatorからflow exporterに動的に繋げるようにしたかった。

ところで、VMware上のRedHat9は、usleep()(実際にはnanosleep()かな)が異様に遅い気がするのだが、なぜ??

 

「久々のコーディング」への3件のフィードバック

  1. 私は何事もおおまかに把握します。本なども、全部読むことは少なく、おかげさまで重要なことを掴む、それは才能だと自負していました。 しかし、こちらの日記を読ませていただいて一つ気づきました。 それは傲慢であったと。 この世界に関しては私は宇宙人です。解読不能ですm(–  

  2. いや、なんとも意味不明な内容で恐縮です_mOm_ 魑魅魍魎といいますか、コンピューター&ネットワークというやっかいだけれども、とっても素敵なものの中で暮らしているんだな、とご理解いただければよろしいかと:-)

  3. >とっても素敵なものの中で暮らしている もちろんそうだと想像します。  だから、わからないのがとても残念だなぁと思ったのです。     (^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください