手が届きそうで届かないもの

下の写真は、札幌の地下鉄南北線に乗った時に見かけた広告である。写真ではよく分からないと思うが、この広告、新しいブラジャーで、実は3Dで「立体的」に見えているのだ!写真ではこの「臨場感」をお伝えできないのが実に残念である。

男性なら誰しも、これに手を伸ばしてみたくなる衝動にかられるはずだが、むろん実行すると寂しい思いをすることになる(さらに周囲からの少々冷たい視線のおまけつき!)。が、今回はそこをあえて実行してみる事に!!

結果は「スカっ」という感じで、実に期待を裏切らない儚さであった。あぁ、やっぱりそこに「実体」が存在しないと。。。

この秀逸な広告を企画・製作した方々に拍手を送りたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください