自宅でグローバルアドレスの動的取得

私が5年前にマンションを購入する際に、「部屋に光を引き込むこと」と「各部屋にはEthernetの口を設けること」というのを条件にしました。というわけで、現在、各部屋数箇所ずつ、計19箇所にRJ45の口が出ており、すべて22mm管で配管してあります。クローゼットにはそれらの配管を集約するスペースが作ってあり、19"ラック(背の低い奴)が入っていて、パッチパネルで配線を自由に切り替えられるようになっています。
 
ここまでは先見の明があったと自分でも思うのですが、一つ甘かったな、と思うのは、管にケーブルを1本ずつしか敷設しなかったことです。19箇所あれば十分であろう、と思っていたのですが、たしかに19もの端末をつなぐことはあり得ないのですが、場所によっては一箇所に2~3台の端末を繋ぎたくなるケースがあるのです。特に私の書斎などはコンピュータがゴロゴロしているので、そうなると一箇所のローゼットに繋ぎたい端末が2台以上出てきてしまいます。
 
単に複数繋ぎたいだけなら、手元にハブ置いてやればいいわけで、はなはだ美しくないものの、これまではそうしてしのいできました。ただ、これでも解決できないのが、グローバル・プライベートアドレス問題です。基本的には家の端末はプライベートアドレス空間にあり、NAT越しで使っているわけですが、たまにグローバルが欲しくなることがあります。
 
私は/29のグローバルアドレスをくれるISPに加入していますので、空いているグローバルアドレスはあるのですが、グローバル使いたいたびにパッチパネルを操作するのも面倒ですし、先ほどのように一箇所に2台以上の端末がいて、それらのアドレスをグローバルとプライベートで混在させたい、となるともうお手上げなわけです。せめて一つの管に2本ケーブルが配線してあれば、一つをグローバル、一つをプライベート、のようにできたんでしょうけど、当時はそんな使い方思いもしなかったので…^_^;
 
で、(前からやろうやろうとは思っていたのですが)、使っていないグローバルを各端末にPPPoEで配ってあげる、ことにしました。グローバルにつながっているFreeBSDマシンをPPPoEのAccess Concentratorとして動作させ、他の端末でグローバルが欲しい時にだけ、このFreeBSDマシンにPPPoEしてグローバルを貰うようにするわけです。proxyarpしてやれば、同じセグメントのアドレス配れます。グローバル使わない時はプライベート空間にいるので比較的安心ですし、なにより物理的なケーブル操作なしでグローバルとプライベートを随時使い分けられるので大変便利です。
 
たまたま今回はUNIXマシンで実現しましたが、こういうニーズって結構あるはずだと思うんですよね。ブロードバンドルーターで同じ機能を実現すれば、けっこう受けるように思うんですけど…。それとももうあるのかしらん?
 
 
 
 

「自宅でグローバルアドレスの動的取得」への3件のフィードバック

  1. この場合、どのPPPoEで配られるどの global になるのかは分からないが、/29 なので当たりもつけやすいという感じでしょうか?いっその事、今のLANケーブルをたぐって光でも通してしまってはいかがでしょうか?あるいは今のケーブルの使っていない4芯を、もう1本のLANとして使っちゃうとか(こういう使い方ってあまり聞いたことないですけどノイズの問題とかあるのかな)。

  2. ふだんはBBR(ブロードバンドルーター)経由でNATしてインターネットに抜けていきます。グローバルが必要になった時だけ、FBSD(FreeBSDマシン)にPPPoEして、グローバルを配ってもらう。このグローバルアドレスは、グローバルセグメントで使っていないアドレスをプールしておく、というわけです。こうすると、物理的なケーブルは一本で、プライベートとグローバルが使い分けられてとっても便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください