「IW2005の資料」への3件のフィードバック

  1. 毎年進藤さんの講演を楽しみにしています。一昨年はTKIPについてわかりやすく解説。昨年はTKIP等の無線LANセキュリティ技術を紹介している媒体の間違いを指摘+CCMPに関して。今年はどの様な話がメインになりますでしょうか。ちまたではまだあまり語られていない11iの技術PMKキャッシュやPre-Authの話題に期待しています。

  2. ありがとうございます。何回か聴いていただいているとのこと、嬉しいやら恥ずかしいやら、です。確かに、PMK cacheやPreAuthentication等の「WPAには含まれない802.11iの機能」については、きちんとした説明をしているのを見たことがないですね。これらについては今回盛り込もうかな、と思ったのですが、時間の都合から見送ってしまいました。申し訳ありません_mOm_。ハムベーコンさんはひょっとして今年も来られるのでしょうか? できるだけ新ネタで臨みたいとは思っているのですが、はじめて来られる方もおられるので、去年話した内容の一部は今年もお話はさせていただくことになります。ハムベーコンさんのように去年聴かれた方には少々申し訳ないのですが・・・。今年カバーする新しいネタとしては、4つのWEPの鍵の使われ方や、Evil Twinの話をする予定です。実は、あれもこれも、お話したいことはあるのですが、時間が限られているので、なかなか全てを十分な深さでお伝えすることができません。どっかで丸一日のセミナーでもできればいいのですけれど。。ともかく、今後ともよろしくお願いいたします!

  3. ありがとうございます。4つのWEPの鍵の使われ方楽しみにしています。暗号鍵変更運用の話だけではなく、802.1X+WEPの際の鍵更新の例など挙げて頂けるとうれしいです。また、TKIPになったときのkey idの使われ方がよく理解できていないので、ご教授いただきたく。(0 PairwiseKey, 1 GroupKey, 2?????, 3 not use)Key ID 2の使われ方がWPA資料のバージョンによって記述が異なりますので。今年も講演楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください