我が家のDVDドライブの不思議

自宅のマシンで使っているDVD-R/RWはPioneerのDVR-106Dなのですが、どうも調子がいまいちです。
 
ちゃんとDVD焼けるくせに、自分が焼いたDVDを見れないのです。市販のDVDはちゃんと見れます。ファームウェアも最新の1.08に上げてみましたが効果なし。
 
一般的にPCで焼いたDVDと民生用DVDプレーヤーの相性問題があるのは認識していますが、自分が焼いたのを見れないというのもなんかなー、という感じです。
 
このDVDドライブが完璧に「クロ」ならドライブを買い換えてもいいのですが、以前使っていたDVDドライブでも似たような現象があった(それでこのDVR-106Dに買い換えた)経緯があるので、マザーボードなどとの絡みもあるのかもしれません。そんなわけで、DVDドライブの買い替えにも二の足を踏んでます。
 
やはり、来年Windows Vistaにあわせてハードごと交換(それを機にDL対応のDVDドライブにする)というのがベストでしょうか。。それまでは、いまのハードでごまかしながらやりくりするしかない、か。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください