サイン、コサイン、タンジェント

一部の方はよくご存知かと思いますが、私は以前 CoSine Communications という会社におりました。
 
とっても好きな会社だったのですが、残念ながらビジネス的には成功はせずに、まだ会社自体は存在するものの、ビジネスは2004年くらいからクローズしており、現在社員は1名、という状態です。
 
最近はメディアに取り上げられることもとんとありませんが、久しぶりに、
なんてのが出ていました。
 
CoSine をご存知の方と話すと、「面白い機械だったんですけどね~。ちょっと早すぎたのかもですね。今、結構ああいう機械が欲しくなることがあるんですけど、探してもないんですよ」なんて話をよく聞きます。そのときは私に対する「慰め」のお言葉として聞いていたんですが、上の記事にあるように 世の中一般的に "CoSine’s technology, widely described as ahead of its time" なんて捕らえてもらえてるのだとすると、ちょっと嬉しいな。

「サイン、コサイン、タンジェント」への2件のフィードバック

  1. 「サイン・コサイン・タンジェント」の言葉に釣られて
    久々に英文解読に取り組みました。。。。。
     
    今夜は、赤ワインを飲まなくても、よく眠れそうです。。。トホホ(T_T)/~~~
     
    13日、楽しみにしてますね~~

  2. カールさん、釣られていただいてどうもありがとうございます:-)
     
    少しでも睡眠のお役に立てたのであれば幸いです。
     
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください