待望の一冊

「無線LANセキュリティ―次世代技術IEEE 802.11iとWPAの実際」(原題:Real 802.11 Security: Wi-Fi Protected Access and 802.11i)という本がいつのまにか発売になってました。出たのは今年の2月らしいですが、ぜんぜん知りませんでした^_^;

とにかくこの本は素晴らしい本で、802.11iを知る上では必読です。無線LANセキュリティーに関する誤信がはびこっていた当時(いまでもまだ残ってますが)、この本は唯一といっていいほど正確に802.11のセキュリティーについて書いてあった本でした。この本があまりに素晴らしかったので、当時私はこの本の邦訳を申し出て、知り合いの出版社の方に頼んで版権の獲得を試みました。2003年の夏ころだったと思います。残念ながら、この出版社は版権を取ることができず、別の出版社が版権を取ったと聞きました。すぐに出るのかなー、と思っていたのですが、結局2年半経ってしまったわけですね。ずいぶんと時間がかかってしまったようですが、出ること自体は素晴らしいことです! 一人でも多くの人に読んでいただきたい本です。

 

「待望の一冊」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください