HP ProCurveのsFlow(続報)

sFlowに関してはちょっと変わった仕様のHP ProCurveですが、もう少し検証してみました。
 
まとめると以下のようになります。
 
  • HP ProCurve 5300/6400/3400/2800シリーズはsFlowに関する設定は他の設定とは異なりSNMP経由ででしか設定できない。
  • SNMPでの設定は、外部のSNMPマネージャもしくはProCurveのCLI(setmibコマンド)を使って設定する必要がある。
  • sFlow関係のパラメータは通常のconfigとしてセーブはされないので、ProCurveのリブートの度に再設定が必要。また、内部にsFlow処理に関するTimeoutパラメータがあり、指定された時間経過するとsFlowの動作が自動的に停止するようになっている。
  • 上記のような動作のため、実際の使用(運用)には、これらsFlow関係のパラメータを定期的に設定更新するマネージャが必要になる。通常はsFlowコクターがこの役割を果たすべきであろう。

という感じです。弊社取り扱いのGenieATM君はどうなのよ、というご質問があるかと思いますが、現時点では、これらのHP ProCurveのsFlow関連パラメータをセットすることはしません。対応が必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください