年賀状作成ソフト

みなさんはどんな年賀状作成ソフトをお使いでしょうか? 私はかつて「筆王」を使っていました。筆王には機能的にはそう不満はなかったものの、3年ほど前にデータが破損し、復旧できない事態に陥ったのに懲りて、別のソフトに乗り換えてみようかと思ったのでした。ちょうどマイクロソフト関係の仕事をすることも多くなっていた頃だったので、Outlookとかとの連携も考えて、マイクロソフトの「はがきスタジオ」に浮気をしました。
 
はがきスタジオも2年ほど使い大きな不満はありませんでしたが、昨年の末にはがきスタジオの開発中止の連絡がありビックリ! 現時点ではがき作成ソフトとしては「筆まめ」と「筆王」が大きなシェアを持っているわけですが、さすがのマイクロソフトもこれらのソフトの牙城を切り崩すのがむずかしかったのでしょう。、という次第で、再び私に別のはがき作成ソフトに乗り換える機会を与えられました。筆まめにするか筆王にするか迷いました。昨年、筆王がSOURCENEXTに買収されたのに伴い、筆王ZEROとしてパッケージされ、対応OSの公式サポート期間中は無償バージョンアップが受けられるようになっています。Windows Vistaの寿命はあと5年はあるでしょうから、少なくとも5年間はバージョンアップせずに最新のソフトウェアを使えるのは魅力です。もともと筆王に慣れていたせいもあり、結局筆王ZEROにすることにしました。
 
特に操作に迷うこともなく、表面(宛名面)の印刷を終え、さて裏面の印刷、と思いきや、なぜか印刷できません。一瞬スプールされるそぶりを見せますが、すぐにキューから消えてしまうように見えます。あれこれ試したものの結局解決には至らず。インターネットで探してみると、同様の現象になっている方がチラホラおられるようです。デジカメの写真が入っているとダメ、という説もあるようでしたが、真偽のほどははっきりしません。
 
結局、筆まめの年賀状限定バージョンを購入し、裏面だけは筆まめで印刷することとなりました。ソフトウェアに不具合はつきものですが、印刷というもっとも基本的な機能が動かない、ってのはさすがいかがなものかと。頑張ってください、SOURCENEXTさん!
 
FUDEO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください