Software-Defined Networks: A Systems Approach 日本語版+書き下ろし発売

この度、Larry PetersonとBruce Davie が中心となって書いているネットワーク関する書籍シリーズ “Systems Approach” の SDN 編 “Software-Defined Networks: A Systems Approach” という本の邦訳版「Software-Defined Networks ソフトウェア定義ネットワークの概念・設計・ユースケース」を出すことになり、その翻訳をやらせていただきました。6/22に発売開始予定です。

Software-Defined Networks: A Systems Approach

この翻訳本を出すことになったきっかけは本書の「訳者まえがき」のところでも書いたのですが、簡単に言うと、私の Nicira 時代の同僚で、VMware では私の直属の上司でもあった Bruce Davie から「”Software-Defined Networks: A Systems Approach” の日本語版を出したいので協力して欲しい」と相談されたのがキッカケです。原書を読んでみるととても興味深い内容だったので、ぜひ邦訳の手伝いをさせて欲しい、と返事をしました。ただ、私の知見だけでは不十分と思われたので、SDNやP4 に関して豊富な知識と経験を持たれている海老澤(通称 ebiken)さんにお声がけをし、ebiken さんがファブリックネットワークにも大変お詳しい小林さんに声をかけてくれました。お二人とも翻訳作業をご快諾いただき、3人で分担して翻訳作業にあたることになりました。

出版社は以前からお付き合いがあった翔泳社さんに相談をし、こちらもすぐに話がまとまり、出版に関して不慣れな我々を最後まで手厚くサポートしてくださいました。また、今回は単なる翻訳ではなく、日本オリジナルのコンテンツを加えたものにしたい、という意向もあったため、APRESIA Systems(株)、NTTネットワークイノベーションセンタ、東京大学中尾研究室の方々から新しい SDN のユースケースに関する情報を提供いただき、掲載いたしました。また、ヴイエムウェア(株)のRasmus Rusz Holtetに協力をしてもらって行った日本の SDN 市場に関するインタビュー記事も収録しています。

以下、本書の章立てになります。

第1章 SDNの概要と定義
第2章 ユースケース
第3章 基本アーキテクチャ
第4章 ベアメタルスイッチ
第5章 スイッチOS
第6章 ネットワークOS
第7章 リーフスパインファブリック
第8章 ネットワーク仮想化
第9章 アクセスネットワーク
第10章 SDNの未来
第11章 日本におけるSDN*
付録A [補足] ネットワークファブリック*
付録B [活用例] SDNとNFV*
付録C ハンズオンプログラミング — 演習問題
(*は日本語版オリジナルコンテンツ)

OpenFlow をきっかけに、世界的に SDN ブームが起こってから約10年が経過したわけですが、この10年間で SDN は大きく進化しました。本書がその理解への一助になれば、著者、訳者一同大変嬉しく思います。ご興味を持たれた方は、是非 Amazon でポチっとしていただければ幸いです(笑)